第28回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会 概要

2021.05.01 新型コロナ第4波禍中の医療関係者会員の皆様へのエール(PDF)
会 長 齋藤 貴徳 (関西医科大学整形外科学講座 主任教授)
副会長 高見 俊宏(大阪医科薬科大学外科学講座 脳神経外科学 特務教授)
会 期 2021年(令和3年)9月3日(金)・4日(土)
テーマ 【Fusion for Future】【未来への融合】
会 場 京都国際会館 ICCKyoto
〒606-0001京都市左京区岩倉大鷺町422番地 【グーグルMAP】
シンポジウム

◎難治性OPLL の⼿術療法
◎⾮特異的腰痛の⼿術療法
◎成⼈脊柱変形⼿術における私の⼯夫
 術式選択、矯正⽅法から合併症対策まで-
◎Legend が経験した教訓的な1 例
◎脊髄腫瘍(髄内)―軽症あるいは無症候性に対する⼿術⽅針 2 名
 脊髄腫瘍(髄内・髄外)―再発例に対する⼿術⽅針 2 名
◎他科や関連分野とのclinical fusion

Debate

1.LIF 派:2 名vs TLIF/PLIF 派:2 名
2.整形外科 vs 脳外科 LSCS/CSM に対する⼿術⽅針

主 題

・成⼈脊柱変形に対するshort fusion(short fusionの適応、⾻盤アンカーの適応等)
・成⼈脊柱変形に対する合併症対策
・⼿術⽀援機器(O-arm. Pheno.VR,vendini..)
・LIF 後のrevision surgery
・出⾎対策
・最適なTLIF/PLIF cage の選択
・本学会でしか話せない、私の⼯夫
・難治症例への挑戦
・新たな診断学(AI、脊磁計等)
・OVF の⼿術戦略
・TSCP
・モニタリング(医師名 検査技師3 名程度)脊椎⼿術における取り組み/⼯夫
・若⼿脊椎外科医向け主題
 教訓的⼀例
 脊椎⼿術を始めるにあたって
・コメディカル向け主題
 PT:歩⾏解析・脊椎⼿術におけるリハビリの⼯夫
 NS:脊椎⼿術における看護師の取り組み/⼯夫

ビデオsession

◎こだわりの1 椎間MIS-TLIF
 (approach、前弯形成の⼯夫、⾻癒合↑、cage 選択除圧⽅法)
◎こだわりのLIF
 (被爆軽減、thigh symptom 対策、出⾎対策、⾻癒合率↑、⼿術時間短縮)
◎こだわりの除圧(MEL、MILD、MUD)
◎こだわりの脊柱変形矯正⼿術
◎難治性脊髄空洞症(癒着性脊髄くも膜炎)
◎巨⼤脊髄腫瘍/脊髄腫瘍の再発(髄内・髄外)
◎術野展開の⼯夫(頸椎前⽅、上位頸椎、論⽂に掲載できないテクニック)

海外招待講演者

準備中

学会賞

準備中